【一押しの一冊】誉田哲也さんその1

読書

ストロベリーナイト、アクセス等で有名な大人気作家の誉田哲也さん。

そんな誉田哲也さんの小説の中から【一押しの一冊】をご紹介します。

これまでご紹介してきた【おすすめ3選】よりは深く内容に触れていきたいと思います。

※ネタバレを含む可能性があります。ご注意ください。

タイトル【あなたが愛した記憶】

このタイトルだけでは意味がわからないかと思いますが、読み進めるにつれてわかってきます。

読み終えた時「なるほど」と思えるような仕掛けがあります。

「人」ではなく「記憶」です。

これを念頭に置いて読むと、最後にあっと驚かされます。

created by Rinker
¥704 (2024/05/26 14:58:22時点 楽天市場調べ-詳細)

あらすじ

拉致監禁、両親指切断。強姦、扼殺。繰り返される殺人事件。

事件が世間を騒がせる中、探偵・英治の前に突如現れた女子高生・民代。

民代はこの事件の犯人を知っていると言う。

さらに、自分は19年前に別れた英治の元恋人・真弓と英治の娘だと主張する。

そんな民代の目的は、ある2人の人物の調査だった。

犯人の正体は何なのか?

民代はなぜ2人の人物を知っていたのか?

そして民代の正体とは…?

ポイント

この小説は、複数の人物の視点で進んでいきます。

この書き方は誉田哲也さんが得意とされているもので、多くの小説で使われています。

【あなたが愛した記憶】においてのポイントは、読者に「この視点は誰の物なんだ?」と思わせる所にあると思います。

描写が衝撃的で思わず目を背けたくなるほどですが、それでも気になって仕方がないのでどんどん読んでしまいます。

また、おそらく犯人であろう人物に、主人公たちはどのようにして辿り着くのか?

ここも大事なポイントです。

読み進める程疑問が増えていきます。

なぜ「人」ではなく「記憶」なのか?

犯人の正体、民代の正体、タイトルの意味、英治と民代の本当の関係とは?

序章は一体何の場面なのか?

等、沢山の疑問が一気に解消されます。

誉田哲也さんらしい衝撃的な描写と、スピード感のある文章。

最後に明かされる真実には全ての読者驚く仕掛けがあります。

そして、恋愛ホラーサスペンスというジャンルには、読み終えた人は納得がいく内容になっています。

かなりグロいので、苦手な方は注意が必要ですが、普通の推理物に飽きてしまった方には特におすすめの一冊です。

誉田哲也さんの持つ奇抜なアイディアが沢山詰まっています。

あとがき

いかがでしたか?

今回初めて、一冊に絞ってご紹介してみました。

誉田哲也さんの小説を読んでいつも思うことは、「女性視点がとても上手だ」ということです。

男性でありながら、心の中に女性がいるように感じます。

しかも、彼の小説に女性主人公が多いことを考えると、彼の中に一体何人の女性がいるのやら。

これからも実際に読んでみて気になった本はどんどんご紹介していきたいと思います。

これを機にお読みいただけると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました